今日のしまどん

激動の令和時代を生き抜く中で個人的に残しておきたい、もしくは気になったことを気ままに発信するしまどんのブログです。

【現実逃避×ジム】急に始めたコナミのジム通い生活が案外悪くない

はじめに

f:id:shimadon:20190518020703j:plain

 

「お前は痩せても魅力ない、筋肉付けろ」という飲み会の席での先輩の暴言にまんまと刺激を受け、最近コナミスポーツクラブに入会しました。ジムというものには少々抵抗がありましたが、駅直結かつ家から数分の距離なので、一旦入会してしまえば続くだろうという魂胆です。仕事で嫌なことがあっても現実逃避できるかなという考えもあります。というわけで私のように今まで一切ジムというものに接したことのない方向けに、今日は月額費に関する考察と入会して気づいたことを書いてみます。

 

高い、いや高くない?

 

月額会員費の話です。39歳以下なら平日の17時以降と土日祝は何回でも行けるというプランで、月額10,260円です。年間にすると123,120円、今までたまにやっていたランニングはタダなのだから決して安くはない金額です。

コナミスポーツクラブのジムには「施設カテゴリ」というものがあり、各施設の広さ、マシンの充実度、利便性や利用する客層によって「Ⅰ~Ⅳ」まで定められています。私の利用するところは最高ランクの「Ⅳ」なのでこの値段になってしまうのですが、「Ⅰ」であれば月額7,020円だったりします。とはいえ3,000円くらいなら競馬で1回負ければすぐ無くなってしまうレベルなのでそこはあまり気にならないのですが...

 

まぁあまりにも安かったら多分行かなかったときの「もったいない」という感覚が薄れて継続しないかもしれないので、これはこれでアリかなとも思います。

 

いや、やっぱり安い?

 

施設内にはマシンルームのほか、25mプールやお風呂もあります。このお風呂が結構広くサウナも併設されてあるのでそこら辺の銭湯よりかなり立派です。

しかもボディーソープ、ジャンプ備え付け、おいおい、最高かよ…

 

ジムは24時までやっているので会社帰りに少し運動して風呂に入って帰宅することを想定すれば、毎日あの大浴場を利用できることになります(風呂だけ使うのも問題ないとは思いますが、さすがにそれは私の良心が許しません)。

私の自宅の風呂場は狭く、普段お湯を張るのも面倒なので風呂に入ることはありません(シャワーのみ)。週に2回行って大浴場を利用すれば、その分自宅風呂で窮屈に過ごすこともなくなり、細かい話水道代も浮きます。しかも普通に銭湯に行けば1回460円くらいは掛かるはずなので、月8回行くとすれば3,680円分くらいの銭湯代を払わなくて済みます(普段銭湯にはそんなに行ってませんが...)。

 月額費の中にこのお風呂の要素が含まれているとするならば、月額10,260円っていうのも意外と安いのではないでしょうか。

 

その他ジムならではのメリット

 

ジムに行くことで、いろいろな機器を使ってトレーニングできるという利点もありますが、一番良いところは他にもトレーニングしている人がいることです。

一人で外をランニングしていると誰にも見られていないので、「信号が赤になりそうだからとか」、「さっきの地点から結構走ったから」とかいう理由を自分なりにつけて歩いて休憩してしまいます。その点周りも走っているジムでは、サボってたら格好悪いという気持ちが生じ、30分間くらいは走り続けられます(そもそも信号待ちもありませんし)。

私の会社の部署で月1回有志で皇居ランをやっているのですが、皇居ランも信号がなく周りも走っている状況なので、似た感じがしました。まぁジムは帰り際、好きな時にその環境下で走れるところがいいですね!

 

おわりに

f:id:shimadon:20190518020914j:plain

 

これは筋肉付けて先輩を見返すのも時間の問題でしょうか。ただこういうのは突然行かなくなってしまうパターンが多いので、とりあえずまずは1ヵ月続くように頑張ります。数か月後、Before⇒Afterについて記事にできればいいのですが...

よし、明日も行くぞ!