今日のしまどん

激動の令和時代を生き抜く中で個人的に残しておきたい、もしくは気になったことを気ままに発信するしまどんのブログです。

【雑学】全プロ野球ファンに贈る割と真面目に調べた豆知識

はじめに

 

交流戦の季節ですねープロ野球も熱くなってまいりました!

と書いたところで、まずはじめに「ブログネタとしてプロ野球はウケが良いからとりあえず書いときゃいいだろ」という理由でこの記事を書いているわけではないということをあらかじめお断りしておきます。

 

記念すべき20記事目にプロ野球ネタをもってきたこのしまどん、

 

f:id:shimadon:20190602235843j:plain

 

正真正銘長年にわたりプロ野球が大好きなのです(関西出身なので阪神ファン)。日頃の気分の2割くらいは前日の阪神の結果と順位に左右されます。笑

 

小学校3年生くらいから集め続けたこのベースボール・マガジン社の選手名鑑も遂に20冊!ちなみに2000年のものはまだ写真も白黒で、値段も税抜667円と今の税抜491円よりちょっと高かったのです。

2000年の選手名鑑には、イチローも松井も松坂もしっかり載っています。桑田もいれば清原もいます。古田もいれば城島もいます。新庄もいれば秋山もいます。20冊セットで売ったら結構なプレミア付くのではないでしょうか。

 

まぁそんなことは置いといてですね、ここで一つ疑問が生まれたわけです。

「この20冊すべてに現役として載っている選手はいるのか」と。

 

2000年の選手名鑑に載っている選手とは...

 

当たり前のことですが、2000年の選手名鑑は2000年シーズン開幕前に発行されています。なのでその前の年(1999年)のドラフト結果による新人は反映されているものの、2000年秋のドラフト選手は反映されていません。2000年秋のドラフトといえば、阿部(巨)、内川(ソ)、赤星(神)、中島(西)、畠山(ヤ)など。赤星以外はまだ現役ですが、2000年の選手名鑑に載っていないので対象外となってしまいます。

 

2000年、2019年どちらの選手名鑑にも載っている選手はいる、しかし...

 

とはいえ、2000年の選手名鑑にも2019年の選手名鑑にも載っている選手を探すことは、そんなに難しいことではありません。例えば先日引退した巨人の上原。99年のドラフト1位なので当然2000年の選手名鑑には載っており、2019年の選手名鑑にも載っています。阪神の福留も同じく99年ドラフト1位なので、当時は中日だったものの2000年でも2019年版でもしっかりと載っています。そう考えると、松坂(中)、五十嵐(ソ)、田中賢(日)、藤川(神)など、結構います。

 

ただし今挙げた選手、全て途中でメジャー挑戦をしています。つまり、いずれかの年の選手名鑑には載っていないのです。ちなみに田中賢(日)も2013年1年だけメジャー挑戦しています。そのため「20冊すべてに現役として載っている選手」には該当しないのです。

 

ちなみにすべての選手名鑑に載っている選手もいる

 

ベースボール・マガジン社の選手名鑑には選手の他にも監督・コーチも載っています。例えば阪神投手だった福原は1999年から2016年までプレー後、2017年からファーム育成コーチとなり、2019年版も投手コーチとしてしっかり載っています。元日本ハムの小笠原も現在中日の2軍監督ですし、現広島の緒方監督も該当します。他にも東出(広)、石井琢(広)、森野(中)、宮出(ヤ)、鶴岡(DeNA)、赤田(西)、小坂(ロ)、小山(楽)など現役引退してその翌年コーチになっている方がたくさんいます。

 

うーん、とはいえやはり現役としてずっと載っている選手を探したいところです。

 

2000年~2019年日本球団で現役としてプレーし続けている選手①

 

ということで諦めずに探した結果、遂にたどり着きました。誰だと思いますか?

(正解は下ページ)

 

 

 

 

<ヒント①>パ・リーグの1球団でずっとプレー

 

 

 

 

<ヒント②>内野手

 

 

 

 

正解は千葉ロッテマリーンズの福浦和也内野手です。

 

ja.wikipedia.org

 

1993年ドラフト7位で指名され最初は習志野高校から投手として入団したものの、肩の故障に悩まされ同年内野手へ転向。1997年よりレギュラー定着し、「幕張の安打製造機」として大活躍しました。2007年にはFA権を取得したものの、メジャー転向はせず残留。2018年からは一軍打撃コーチ兼選手としてシーズンを迎え、2000本安打という大記録を打ち立てました。2019年時点では二軍打撃コーチ兼選手、既に今年で現役引退することを表明されています。

 

 

2000年~2019年日本球団で現役としてプレーし続けている選手②

 

もう一方いらっしゃいました。同じく当ててみてください。

(正解は下ページ)

 

 

 

 

<ヒント①>セ・リーグ、パ・リーグ両方でプレー

 

 

 

 

<ヒント②>捕手

 

 

 

 

正解は北海道日本ハムファイターズの實松一成捕手です。

 

ja.wikipedia.org

 

1998年のドラフトで日本ハムから1位指名を受け、佐賀学園高校からプロ入り。2005年までプレーしたのち、2006年開幕前に岡島(巨)とのトレードが発表され巨人へ。長年阿部や小林の控え捕手として活躍しましたが、遂に2017年に戦力外通告を受けます。しかし2017年シーズンオフに二軍育成コーチ兼捕手という形で日本ハムに戻ることが発表され、出場機会は僅かながらも2019年度もちゃんと選手登録されています。

 

おわりに

f:id:shimadon:20190603230502j:plain

 

福浦選手は現役26年と、断トツの最長記録保持者です。あの「ハマの番長」三浦投手(DeNA)の25年を超えちゃってますので相当偉大な数字です。毎年テレビで戦力外通告を受けた選手の特集が組まれますが、福浦選手にしても實松選手にしてもそんな厳しい世界の中でずっと現役生活を続けてきたの思うと、頭が上がりません。ここは各自応援する球団うんぬんではなく、プロ野球全体として称賛されるべきです!

 

と、そんなわけで20年間分の選手名鑑を並べ2時間調べ上げた結果、ようやく疑問が晴れました。まぁとりあえずみなさん安心して(?)交流戦応援しましょう!!笑