今日のしまどん

激動の令和時代を生き抜く中で個人的に残しておきたい、もしくは気になったことを気ままに発信するしまどんのブログです。

【現実逃避×大パノラマ】海ほたるは一人でも結構使える

はじめに

 

先々週、先週と2週続けて夜静かに過ごせる公園を紹介してきました。そんなわけで(この流れで)今回はかなりベタですが「海ほたる」に行ってきました。ドライブデートの帰りに帰りに立ち寄るロマンチックなスポットとしてのイメージが強い海ほたるですが、東京湾の真ん中にあるので、360度夜景を見渡せるという意味では一人で現実逃避するにはもってこいではないかというお話ですね、はい。

 

川崎からバイクで東京湾アクアラインを経由し15分弱。休日夕方は木更津⇒川崎方面が渋滞となるので、昼にかけて川崎方面から海ほたるに入り、夕方川崎方面に戻る計画だけは立てないようにしましょう。ちなみにバイクは軽自動車扱いなので高速料金はETCで片道640円です。

 

f:id:shimadon:20190608233924j:plain

 

海ほたるでの過ごし方

 

もう6月とはいえ、夜はまだ寒い。ということで施設内4Fのスターバックスでホットコーヒーを仕入れ、エスカレータで5F展望デッキ(川崎方面・北西側)へと向かいます。展望デッキ先へ向かうと結局階段で1Fまで降りる羽目になるのですが、皆さんも割とご存じの通り、横須賀~横浜~都内~船橋あたりまでの大パノラマ夜景が拝めます。

 

f:id:shimadon:20190609000024j:plain

 

真ん中に横長で光っているのが、東京ゲートブリッジ。その右手に遠めですが、スカイツリーも見えます。

 

とはいえここはカップルも多い場所。一人で現実逃避するならというと...

 

f:id:shimadon:20190609000258j:plain

 

アクアラインの通る方向に対してサイド側(北東側)です。背後が飲食店なので明かりはありますが、ここに人は意外といませんでした。正面には千葉方面の夜景も見えますし、ここならコーヒー片手にゆっくりできるのではないでしょうか?

 

ちなみに木更津方面も見たのですが、意外と人がいました。また座る場所もないので、長時間黄昏れるのには向いていません。

 

f:id:shimadon:20190609001629j:plain

 

海ほたるの良いところ

 

①360度の大パノラマ夜景

既に説明済みなので割愛しますが、都内でこれを実現させようとするとビルやタワーに登るしかなく、居ることのできる時間に制約が出てきてしまいます。またこれは私の理論ですが、現実逃避にはある程度外気に触れることが重要かと思っています。その点でここは唯一満たしてくれる貴重な場所なような気がします。

 

②腐ってもパーキングエリア

基本的にパーキングエリアなので当然駐車場はありますし、食事・トイレには困りません。どんなに夜遅くてもコンビニ(ファミマ)はやっていますし、トイレは最近施設リニューアルしたこともありかなり綺麗です。私の場合現実逃避には結構時間がかるものですが、これまで紹介した公園はトイレすらない場所も多かったので、ここなら長時間居てお腹が冷えても大丈夫です。笑

 

③比較的安全

誰一人いない公園という訳ではないので、深夜でも誰かしら人はいます。明かりも多く、前にご紹介した公園は「人通りが少なく不安...」という方でもここなら安心して過ごせるではないでしょうか。

 

海ほたるの悪いところ

 

①お金がかかる

当たり前ですがアクアラインを通る以外に海ほたるに行く方法が無いので、通行料金がかかります。バイク(軽自動車扱い)でも片道640円、普通車なら800円かかります。川崎駅、木更津駅から路線バスもありますが、同じくらい、もしくはそれ以上掛かってしまうので、しっかり現実逃避して元取って帰りましょう。笑

 

②ワンピースがうるさい

2019年4月27日~8月31日の期間で、アニメ「ワンピース」×「海ほたるPA」コラボイベントが開催されており、夜でも21時くらいまではキャラクターの声やアニメソングが延々と放送されています。結構うるさいです。落ち着いて現実逃避したい身には大敵ですので、21時以降に来るか、放送が届かない場所を探すしか方法はなさそうです... 

 

おわりに

f:id:shimadon:20190609004451j:plain

 

夜の公園や海岸など普段は極力静かな場所を探してバイクで夜中走り回る私ですが、結構メジャーな場所でも現実逃避スポットとして使えることに気付きました。海ほたるは途中立ち寄ることはあっても、ここ自体を目的地にして行くことはあまりないのではないでしょうか。夜間現実逃避の入門としてもおススメできる場所ですので、ぜひ1つの検討場所として入れてみてください!

 

www.umihotaru.com

 

気が付けば増え続けている”現実逃避ネタ”、今後も続けていきます。というわけでもしなんとなく趣向が一致している方は下の「読者になる」ボタン、押していただけると嬉しいです!