今日のしまどん

激動の令和時代を生き抜く中で個人的に残しておきたい、もしくは気になったことを気ままに発信するしまどんのブログです。

【愚痴】令和時代の街コン主催者に言いたいこと

はじめに

f:id:shimadon:20190617013035j:plain


東京内では毎日街コンや婚活パーティーのオンパレードです。街コンジャパンによると来週土日(6/22、6/23)だけでも東京都内で683件も開催されるようです。この683件でどれだけのカップルが誕生するのでしょうか。一度統計でも取ってみたいところですね。っていうか私もその中の1組になりたい!笑

 

ということで私も久しぶりに行こうかと街コンジャパンのサイトを少々漁ってみました。最近は先輩男子×後輩彼女系の年齢を絞ったもの、高学歴・高収入(大手企業)限定のもの、アニメ好き、旅行好きなどの趣味で絞ったもの、さらにはシチュエーションに関してもレストランや居酒屋だけでなく、山登り、博物館、水族館、浅草散策などいろいろあるようです。

 

683件もあるので、中には思わず突っ込んでしまったモノもありました。もちろん実際に行ったわけでないので本当は良い会のかもしませんが、まぁ検索結果の一覧画面上だけの情報だけを見るといろいろ突っ込みたくなります。相変わらず愚痴っぽくてどうでもいい話になりますがそこのところご容赦いただき今日も下記お付き合いください。笑

 

↓↓ちなみに街コンに関する前回の愚痴はこちらから↓↓
www.shimadon.work

 

 ①見出し画像がイマイチ現実感に欠ける

 

「20代限定恋活PARTY IN 恵比寿」なんて書いてるものの、見出しには外国人カップルが海で抱き合う画像が。また別の渋谷開催婚活パーティの見出しには線路でカップルが手をつなぎながらそれぞれ両端のレールの上を歩く画像が。いやいや...そんなシチュエーション想像して街コン来る奴なんていないでしょう。グローバル社会のご時世とはいえせめて会場の写真や恵比寿周辺の写真載せるなり現実感出してもらわないと、逆に怪しく感じてしまいます。線路手つなぎのやつはまぁこれから2人で同じレールを歩いていく例えなのかもしれませんが、ぱっと見て犯罪(?)って思ってしまいました。笑

 

②参加資格の基準があいまい

女性を呼び込むために「資産保有者限定~余裕のある素敵男性~」などと書かれているものがあります。ただ”余裕のある”、”素敵”の基準は人によって違ってきますよね。詳細の参加要件を見ると「公務員・大手企業勤務、年収600万以上」とは書いていますがそれ以外の条件はなく、「この人たちは一律に”素敵”なのか?」といった感じです。条件的には私も満たさなくはないですが余裕のある素敵男性かといわれると微妙です。

そもそもよく考えるとこの”余裕のある”ってのも心に余裕があるというより財布の懐に余裕があるってことなんですね。そうなると「財布の懐に余裕がある男性は”素敵男性”ですよ」っていうところを醸し出しているあたりが、個人的にはまた余計に嫌ですねー笑

 

③無駄に略しすぎ

サルコン。これはフットサルをやりながら出会いを育む「フットサルコン」の略だそうです。最初見たときは猫カフェならぬ猿カフェでもあるのかと思いました。笑

おとコン。これは「大人の婚活パーティー」の略だそうです。そのまま聞くと「男性同士」を想像してしまいます。もちろんそういう関係も少なからずあると思うのでそれはそういう場ということで全然アリだとは思いますが、この場合はそうではないにも関わらずそのフレーズで完全に勘違いしてしまうので、「略し方間違ってるだろ」と思わず突っ込んでしまいました。

 

おわりに

f:id:shimadon:20190617013641j:plain

 

そういえば全ての街コンに共通して言えるのですが、男性の参加費用が極端に高いのは理解に苦しみます(大体7000円~8000円くらいします)。男性をそのくらいまで上げて、女性を数千円とかにしとかないと人数が集まらないのでしょうか。「でもそれって女性側は安い会費で何回も参加できて大勢の男性を品定めできるってことで不平等では?」なーんてことを思いつつ、結局高い金支払って行ってしまうんですけどね。

 

さて、結局何が言いたかったのか自分でも全くわからないのですが、今年もいろいろ頑張ってチャレンジしてみます!ということで締めたいと思います。

ちなみに万が一出逢ってしまう事案があったとしてもここでは絶対に報告しません。笑