今日のしまどん

激動の令和時代を生き抜く中で個人的に残しておきたい、もしくは気になったことを気ままに発信するしまどんのブログです。

【現実逃避×夜の公園】東京臨海部(晴海〜豊洲辺り)で夜間落ち着ける場所

はじめに

 

「せっかくの休みなのに最近ずっと雨で気分が萎える。来週は提案準備で絶対ゆっくりできる時間ないし、あーもう嫌だ。」って方、少なからずいるのではないでしょうか。安心してください、相変わらず私もその一人です!笑

 

というわけで、今回は雨の中またまた探検してきたので、東京臨海部で夜間現実逃避できる場所についてご紹介します!

 

↓↓過去分はコチラ↓↓


晴海臨海公園(東京都中央区)

f:id:shimadon:20190707024822j:plain

 

2020東京オリンピック・パラリンピックに伴う選手村の建設で大忙しの晴海地区ですが、既に東側はトリトンスクエアなどのオフィス・商業施設やタワーマンションが立ち並んでいます。そんなマンション群に長く沿うようにあるのがこの公園。ベンチも結構あり、対岸の豊洲地区を座って眺めながら気分転換することができます。日中は多分この辺りに住む富裕層がランニングに使ってたりするのでしょうが、夜は誰もおらず静かになります。とはいえ深夜12時でこれだけ明るければ女性でも安全かと思います。

 

夜景度  ★★★★☆

孤独度  ★★★☆☆

アクセス ★★★☆☆

 

<アクセス情報>

晴海臨海公園(東京都中央区2-4-27)

都営地下鉄大江戸線勝どき駅より徒歩10分

 

豊洲ぐるり公園(東京都江東区)

f:id:shimadon:20190707104344j:plain


豊洲市場のある人工島を取り囲むように整備された公園で全長4.5kmあります。駐車場のある西側のエリアからはレインボーブリッジが一望でき、バックのビル群と合わせて

深夜でも綺麗な東京の夜景を楽しめます。晴海臨海公園と同じく、ここも深夜&雨だったので人は皆無でした。

写真右側で赤く光っているのが東京タワー。浜松町にある東芝本社ビルに完全に隠れてしまっています。 

 

f:id:shimadon:20190707110259j:plain

 

少し歩いてズレるとこんな感じ。控えめな灯りのビル群に対し、異様な存在感を放っています。

 

夜景度  ★★★★★

孤独度  ★★★★☆

アクセス ★★★☆☆

 

<アクセス情報>

豊洲ぐるり公園(東京都江東区豊洲6-1、5-1)※駐車場有 

ゆりかもめ市場前駅より徒歩10分

 

東雲水辺公園(東京都江東区)

f:id:shimadon:20190707111751j:plain

 

この辺りもマンションが密集してますね、周りに見える建物はすべてマンションです(みんなイイところ住んでるんだな...)。公園自体は先ほどの2か所よりかはこじんまりしている感じです。駅方面(写真右手方向)に辰巳桜橋が伸びておりこの橋からの眺めが良いらしいのですが、この時雨が強くなってきたので橋の上に行かずに撤収してしまいました。ちなみにこの辰巳桜橋が駅への動線なので、自宅からコンビニに行く人、散歩する人など、深夜でも人通りは一定数あります。

  

夜景度  ★★★☆☆

孤独度  ★★★☆☆

アクセス ★★★★☆

 

<アクセス情報>

東雲水辺公園(東京都江東区辰巳1-1) 

東京メトロ有楽町線、りんかい線辰巳駅より徒歩8分

 

おわりに


一カ所でゆっくり現実逃避するのもアリですが、今回ご紹介した3カ所は割と近い距離にあるので、車やバイクをお持ちの方はハシゴしてみてもいいかもしれません(豊洲ぐるり公園以外は駐車場が無いので、近くの商業施設等に停めるしかないのですが...)。また普通にデートスポットとしても使える場所なので、本当に1人になりたいのであれば早い時間帯(19時~21時)は避けた方がいいかもしれません(またこれからの時期、花火大会等の事情によってはかなり混み合う可能性があるので注意です!)

 

ということで今回も参考になる情報なのかは分かりませんが、現実逃避×夜の公園ネタ、今後も続けていきます!