今日のしまどん

激動の令和時代を生き抜く中で個人的に残しておきたい、もしくは気になったことを気ままに発信するしまどんのブログです。

【現実逃避×天気の子】観るうえで個人的にやらかした失敗について

はじめに

f:id:shimadon:20190720134028j:plain

 

4月から続いた長かった会社での大きな提案もようやく金曜日で一段落し、(結果はともかく)さぁ現実逃避だ!

 

さて昨日から新海誠作品の最新作「天気の子」が公開されてるので、早速本日朝一で観てきました。映画自体は良かったと思うのですが個人的にはいろいろ後悔がありました。そんなわけでこれから観る方向けに反面教師にしていただくべく、個人的にやらかした失敗ポイントについて軽く語りたいと思います。

※ストーリーの感想は書きませんが「君の名は。」系か「秒速5センチメートル」系かでいうと、前者に近い感じでした

 

tenkinoko.com

 

失敗①サウンドトラックを事前に買ってしまったこと(事前)

 

前作「君の名は。」と同じく今回も音楽は「RADWIMPS」が担当しており、映画公開日の昨日(7/19)にサウンドトラックも発売されています。今月初旬ごろにAmazonでポチり、7/18の夜には届いて早速聞いていました。

 

f:id:shimadon:20190720132252j:plain

※後ろにあるのは前作「君の名は。」のサントラ 。昼と夜で対照的ですね!

 

何が失敗かというと、サウンドトラックである程度ストーリーが推測できてしまうことです。サウンドトラックは基本的に映画での使用順、つまりストーリーの展開順に並んでおり、それぞれ曲名がついています。例えば11曲目は「初の晴れ女バイト」、17曲目は「首都危機」、21曲目は「消えゆく陽菜」、23曲目のタイトルは「晴天と代償」。なんとなくですがいろいろ推測できてしまいます。

そして極めつけは29曲目の「ふたたびの、雨」。この流れだと結末まで予測できそうです。実際がどうだったかは置いといてこれは失敗でした。というわけでサウンドトラックは映画観てから買いましょう。(それが普通だと思いますが...笑)

あ、念のためですが決して曲が悪い訳ではないのでそのあたり誤解なきよう。

 

天気の子

天気の子

 

 

失敗②ソフトバンク犬に翻弄されたこと(当日)

 

ここだけ若干ネタバレになりますが、映画本編の前の予告編やってる時間(映画泥棒とかやってる時間に)、天気の子とソフトバンクのコラボキャンペーンCMみたいなのが流れ、映画本編にソフトバンク犬が2回出てくると予告されます(見つけるとグッズがもらえるらしい)。1ヵ所は冒頭すぐ出てくるのですぐ分かるのですが、その後はよくわかりませんでした。実際CMでも「2回目はすごく分かりにくい」と言っていたような気がします。

 

www.softbank.jp

 

で、何が言いたいかというと、「ソフトバンク犬を探すあまりストーリーがあまり頭に入らない」ってことです。人間そんなもの(犬)はどうでもいいと思いながら、突然予告されるとつい頭の片隅に犬を探さないと...と考えてしまいがちですし、実際出てきそうな街並みの描写もかなり多いのです。これは映画を2回、3回と観させるための策略でしょうか、まんまと引っ掛かりました。よくよく確認すると別に見つけても見つからなくてもTwitterで呟けばグッズの抽選権はあるみたいですし、そんなもの見つけて何の得や感動があるんだって話です。

映画本編にはソフトバンク犬なんかよりも見つけたら嬉しいもの(前作の登場人物など)もありますので、ストーリーやそちらに集中できるよう皆様もご注意ください。

 

おわりに

f:id:shimadon:20190720132859j:plain

 

映画は1年ぶりぐらいなので効果的な楽しみ方を忘れてしまったのでしょうか。上記以外にも「この3DCG描写のレンダリングは時間かかって大変だっただろうなー」とか「映画本編でこの商品が使われていることによって企業にとってどのくらい宣伝効果になるんだろう」とか、その場で考えなくてもいいことが何故か湧いてくるところも失敗に繋がっている気がします。

 

「純粋に映画を楽しめるようになりたい!」改めてそう思います。

 

※一番の大失敗は朝4時半までゲームやってて(結構寝不足なところで)、朝9時半から映画観たことだったりします...笑